目尻つけまで目元をナチュラルにセクシーに魅せるつけ方|目力向上ラボ

  • ライター求人
2,555 views
2016年4月5日
目尻つけまで目元をナチュラルにセクシーに魅せるつけ方

つけまつげは、目元を印象的にするという点では、女性の心強い味方です。一方で、「つけまつげは目力がありすぎる!」と悩んでいる方もいるのではないでしょうか。そんな方には、目尻だけにつけまつげをつける「目尻つけま」がオススメです!

Webライター、脚本家
  

つけまつげは目力の味方!・・・だけど

つけまつげを付けている女性の目元

目を力強く印象付けてくれるつけまつげは、女の子のメークにとってマストアイテムです。だけど、中にはちょっと印象が強すぎるから、つけまつげを使いにくいなぁ、とか、つけまつげの「いかにも」感が苦手、という方もいますよね。そんな方にオススメなのが、今回ご紹介する目尻だけにつけまつげをする、「目尻つけま」です!

目尻つけまって?

目尻つけまとは、その名の通り目尻にだけつけまつげをつけるという方法です。目をがっつりと盛りメイクにする場合は、つけまつげもそれ相応に派手なものをつけます。しかし、いかにも盛っています!つけまつげをつけています!という感じになってしまうのが苦手な方もなかにはいますよね。

そんな方は目尻にだけつけまつげをつけることで、自然な仕上がりにするつけ方がおすすめです。また、目尻つけまは目もとのセクシーさアップも狙えるんだとか。そのため、つけまつげで目をぱっちりとさせたいけれど、ナチュラルな仕上がりのメークにしたい、という方に目尻つけまはオススメです。

目尻つけまのメリット

女性の目元の写真

自分の目の形にフィットしやすい

目の形は千差万別です。フルタイプのつけまつげの場合、自分の目の形に合わせてつけるのが難しいと感じる人もいます。また、つけまつげは取れやすいのもネックなところ。それに比べると、目尻にだけつけまつげをつける場合、つけまつげ自体の長さが短いので、自分の目の形に沿って装着しやすいのです。

ナチュラル感がでる

つけまつげをつけている人って、ぱっとみでも「ああ、付けてるな」というのがわかっちゃいますよね。それに比べると目尻だけにするつけまつげは、印象が柔らかく、かつ自然な仕上がりにすることができます。また、目尻を強調することでセクシーさも演出することができるそうです。

時短効果!

フルタイプのつけまつげをつけると、どうしてもある程度の時間がかかってしまいます。その分、フルタイプの半分ほどの長さの目尻つけまは、つける時間が短縮できます。朝などの忙しい時間にもぱぱっとつけられるのが嬉しいところ。

節約もできる!

今は目尻用のつけまつげ、という専用の商品も売っています。しかし、フルタイプのものを使う場合は短く切って、一個のものを二回ほどに分けて使えます。なので、一回買えば単純計算、普通に使う場合の二倍以上使用することができます。そのため、節約にもつながります。

目尻つけまをうまくつけるコツ

まず、大前提としてつけまつげをする際は、ベースメイクとアイメイクを完了させておきましょう。さらに、マスカラも終わらせておくとつけまつげのなじみが良くなります。 つけまつげをつける女性

目尻つけまメイク例

1.アイシャドウをいれる

はじめにライトベージュ系のアイシャドウを上まぶた全体にいれます。ライトベージュのアイシャドウを入れることで、目元が全体的に明るく印象付ける効果があるんだそうです。

2.下まぶたにアイシャドウをいれる

下まぶたにもライトベージュ系のアイシャドウをいれる。目の周りを明る色のアイシャドウで仕上げることによって、目尻に付けるつけまつげが可愛らしく際立ちます。

3.アイラインを引く

黒のアイライナーで、上まつげの際を意識してアイラインを引きます。このときポイントとなるのが、やや太めにラインを引くようにすることです。

4.マスカラをつける

上と下のまつげにマスカラをつけます。

5.つけまつげをカットする

フルタイプのつけまつげを使う場合は、ここでつけまつげをカットしましょう。フルタイプのつけまつげは、目尻に使う場合はカールが少し弱いので、さらにここでビューラーでつけまつげを挟んで、カールを付け直してあげるのがポイントです。

さらにここで注意が必要です。フルタイプのつけまつげは真ん中の部分が一番長くなり、目尻の方に向かって短くなっていきます。これを目尻だけに使いたい場合は、長いほうが目尻の方にくるようにして使いたいわけです。そのため、カットした後のつけまつげは左右を入れ替えてつけるようにしましょう。

6.つけまつげをつける

カットしたつけまつげにのりをつけて、目尻から数ミリはみ出すくらいの場所に置きます。つけまつげの根元が不自然な場合は、ここでアイライナーを使ってまつげとまぶたの境目を繋げるようにしてあげましょう。

出典:
http://xn--eckwa2mo87s9oh.jp/archives/1700

著者:草道 花

Webライター、脚本家
アイコン
美容から生活、サブカルチャーまでなんでも詳しいのが自慢、最近の悩みは正月食べ過ぎてダイエットに失敗してしまったこと、ダイエットのコンテンツを執筆しながら、自分でも実践するつもりです。