モデル、女優も使用中。黒目を大きく見せるコンタクトを徹底解剖|目力向上ラボ

  • 取材などできるフリーライター募集
5,543 views
2014年3月5日
モデル、女優も使用中。黒目を大きく見せるコンタクトを徹底解剖

綺麗にメイクをして目を大きく見せても、三白眼では悪い印象になりかねませんが、瞳を大きく見せてくれるコンタクトレンズで好印象を目指しましょう。瞳が大きいと、目もパッチリとして魅力的に見えます。 コンタクトレンズの購入方法や注意点をご紹介します。

WEBライター
  

瞳に合ったコンタクトレンズの選択

コンタクトレンズを購入するには、自分に合ったサイズを知る必要があります。

これは眼科クリニックで検査してもらうことができるので、瞳を大きく見せるコンタクトを購入する時は受診します。

眼科では検査で目の健康状態と、コンタクトレンズを購入するのに必要な処方箋を作ってくれます。

初めてコンタクトレンズを購入する方は、ケア方法や注意点、コンタクトレンズの装着方法を教えてもらうことができます。

必要なデータは、レンズの直径とカーブの度合い、必要ならば視力を矯正する度数です。

レンズの直径は14ミリ前後の物が多いですが、好みで大きさを選ぶことができます。

目はとてもデリケートな部分です。

コンタクトレンズもまた、デリケートなものですので、誤った取り扱いをすると目を傷つけてしまい、トラブルを引き起こしてしまいます。

形の合わないコンタクトレンズをつけているとズレたり、目に張り付いてしまうこともあります。

目が赤くなってしまったり、アレルギー症状などが出た場合は眼科クリニックで検査をしてもらいます。

普通のコンタクトレンズ屋さんで瞳を大きく見せるコンタクトレンズを買うことができますが、もっと安く買いたいという方は、インターネットでの通信販売でお得に買えることができます。


コンタクトレンズは本当に安全性があるのか

正しく使用していれば、コンタクトレンズに不安を覚える必要はありません。

説明書に書かれている注意事項をよく確認しておきます。

おしゃれ用のコンタクトレンズも視力補正用のコンタクトレンズと同じように、医療機器としての規制対象になりました。

その為、医療機器販売業の許可を取得している販売店以外では購入できません。

しかし、通販ではこの規制を避けるために海外に拠点を置いて販売している所もありますので、ネットで購入する時は販売サイトに高度管理医療機器等販売業者としての許可番号が記載されているかどうかをまず、チェックします。

コンタクトレンズの着色部分をプリントする方法はレンズ内面、レンズ表面、レンズの間に挟み込むサンドイッチ構造の三種類があります。

プリントされている部分は凸凹しているため、サンドイッチ構造が一番表面が滑らかにできています。

安い海外製の物は、綿棒等でこするとプリント部分が落ちてしまうという事象がありますが、サンドイッチ構造ではこすっても落ちることはありません。

コンタクトレンズは1日タイプ、一週間タイプ、一ヶ月タイプとありますが、1日タイプ以外は毎日コンタクトレンズの洗浄が必要です。

コンタクトレンズの管理に自身がなかったり、頻繁に使わない方や初心者には1日タイプは手軽に扱うことができます。


コンタクトレンズ初心者の注意点

瞳を大きく見せるコンタクトレンズはオシャレ感覚で装着することができますが、お肌と同じようにケアを怠らないようにします。

就寝中にはメイクを落とすように、コンタクトレンズも外してから就寝します。

目に痛みが走ったり、白くかすんで見えなくなってしまうという症状出てきてしまいます

保存する時は水道水等ではなく、市販されている専用の保存液を使います。

浸透圧でコンタクトレンズが歪んでしまうからです。

メイクをする前に装着し、装着する時の手は綺麗に洗ってバイキンが目に入ってしまわないように清潔にしておきます。

落としてしまった時に見つけやすいようにしておくと良いです。

外す時は逆に、コンタクトレンズを外してからメイク落としをします。

ドライアイの方は、コンタクトレンズの装着前に専用の目薬を使用するとごろつき感等が軽減されます

コンタクトレンズに慣れないという方は無理をせずに、短時間の使用にとどめておきましょう。

着用時間を少しずつ増やしていくと、コンタクトレンズが目に入っている感覚に慣れていきます。

カラーコンタクトレンズと違い、学校等でもさり気なく付けていくことができますが、直径サイズの大きい物を選ぶと不自然になります。

白目と黒目が1:2:1の比率が美しいとされています。

著者:伊藤義雄

WEBライター
アイコン
書きたいものがありすぎて書かせてもらっているライターです。趣味は鉄道旅行、写真を撮ることもあるが実際に乗車して車両の個性を体験したいタイプ。尊敬する人は宮脇俊三さん。目標は全国鉄道制覇